スキルアップ

一夜漬けでOK?!SDGsが学べるeco検定(環境社会検定試験)®必勝法!【スキルアップ】

eco検定勉強法

こんにちは、アオミサです。
みなさん、「eco検定(環境社会検定試験)®」をご存知ですか?

最近資格取得者が増えている「eco検定(環境社会検定試験)®」について徹底解説いたします。
私自身2021年8月に資格取得したので、その勉強法もお伝えしますね!

「eco検定(環境社会検定試験)®」とは?

eco検定は東京商工会議所が開催している資格試験で、専門家に限らず、学生から社会人まで幅広い方が受験する「環境教育の入門編」となる試験です。

ビジネスと環境の相関を的確に説明する力が求められる今、多くの企業でeco検定が導入が検討されています。

実は私もその中のひとり。
企業から資格取得を推奨されて2021年8月に受験をしました。

今や企業間取引だけでなく消費者の購買活動においても、価格や品質に加え環境に配慮した製品・サービスであるかどうかが重要な選定基準の一つ。

そんな中でeco検定を取得することで環境問題への理解も深まり、企業活動や顧客への提案の際にも重宝するということです。

社会人のみなさんだけではなく、今学生のみなさんにもおすすめの資格試験ですよ!

試験日はいつ?

年に2回夏と冬に開催されます。
その年によって開催日は異なりますので、eco検定のHPを見てお申込みくださいね。

出題形式・合格基準は?

eco検定のHPには以下のように記載されています。

  • 多肢選択式
  • 制限時間90分
  • 100点満点とし、70点以上で合格とします

    試験時間はたっぷりありますのであまり時間が足りなくなって回答できなかった…
    ということはないかと思います。
    (ちなみに私も半分くらい時間が余りました)

    7割以上の点数取得が必要になりますが、実はそのうちほとんどは私たちが生活していく中で得られる常識的な問題も多いです。

    あまり気をわずにチャレンジしてくださいね。

    合格率は?

    東京商工会議所の検定試験情報で公表されているデータだと、合格率は75%前後となっています。

    2021年第一シーズン(第30回) 75.0%
    2020年度 79.1%
    2019年度 74.6%

    合格者が過半数を超えていますので、あまり難しい試験ではなさそうです。

    勉強時間は?

    東京商工会議所の検定試験情報で公表されているデータによると、合格者の70%以上の方が勉強時間を「2か月以内」と回答しています。

    しかし私自身は3日間ほどの勉強で合格できました♪
    その方法をご紹介します!

    必勝!おすすめ勉強法

    私が実践した勉強法をご紹介します。

    おすすめテキスト

    東京商工会議所より公式テキストと公式問題集が販売されています。
    こちらがベスト!

    created by Rinker
    ¥2,860
    (2022/08/09 09:57:25時点 楽天市場調べ-詳細)

    created by Rinker
    ¥2,200
    (2022/08/09 09:57:25時点 楽天市場調べ-詳細)

    まずはこちらを購入しましょう!
    その他の教材は不要です。

    テキストの活用法

    まずは1回公式問題集を解いてみましょう。
    5割程度であれば勉強せずとも回答できてしまうかと思います。

    次に間違えてしまったところやわからなかったところを公式テキストで確認します。

    このサイクルを2~3周できれば、試験合格のための必要な知識はほぼ身につくはずです。

    勉強にどれくらいの時間がかかった?

    2~3日集中的に勉強できる時間がとれれば、十分合格できるかと思います。
    私の場合は20時間程度勉強しました。

    「eco検定(環境社会検定試験)®」を通してSDGsを身近に

    資格試験は試験に合格するためだけを重視した勉強をしがち。
    私がご紹介をした方法もおそらくそのひとつ。

    せっかく試験を受けるのなら、環境問題をしっかり理解したいですよね。

    公式テキストは詳しく環境問題が記載されているので、試験合格後も捨てずにとってあり、見返しています。

    顧客への提案に幅をもたせることができるし、やっぱりオトナの女性としてはこういった環境問題にはアンテナ高く生きていきたい!

    環境教育の入門として、みんなで受験しましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA